抗うつ剤プロザックについて

現代社会では心に何らかの問題を抱えている方がとても多いです。

うつ病・うつ状態にある方は私の周りでも何人もいます。

うつ病の薬、抗うつ剤は副作用が出ることが多く懸念されています。

代表的な副作用で口が渇いたり、便秘になってしまうことが多いようです。

数日の事でしたら我慢出来ますがうつ病の完治までは長期に亘ることがほとんどです。

副作用が出ることが多い抗うつ剤で、副作用の起こる確率が格段に低いものがありとても人気があります。

その名は「プロザック」で、一般名フルオセチンと呼ばれるものです。

プロザックはうつ病・うつ状態、強迫性大食症に効果があるとされています。

プロザックは抗うつ剤として世界的に大変人気のあるものです。

ただ日本では認可が下りていないので、医師に言っても処方してもらうことは出来ません。

もし服用したいという場合は自己責任で、個人輸入をする方法しか現在はありません。

プロザックが世界的にとても人気があるのは、きちんとした理由があります。

それは必要な神経にのみ働くというところです。

当たり前の様な感じもしますが日本で販売されている抗うつ剤は異なります。

それゆえ副作用が出てしまうのは仕方ないのです。

プロザック(PROZAC)自信みなぎる身体にする鬱対策 医薬品

必要なところだけに働き余計な部分には働かないプロザックは、抗うつ剤の副作用が大幅に軽減されることが人気の理由なのです。

効果としてはセロトニンを増加させることにより、気分を楽にさせてくれるのです。

ただ注意をしなくてはならない点があります。

確かに副作用が出にくいですが全く副作用が出ないわけではありません。

副作用を感じる人は少ないですが、服用することにより余計に不安感が増したり、余計にイライラしてしまったという方もいます。

ただ一般的には服用を続けていくと、それらの副作用を感じなくなるようです。

また即効性があることも人気の理由であり、日本で認可されてないという点を除けば、とてもよい抗うつ剤だといえるのではないでしょうか?

また個人輸入はお金が掛かりそうだと心配する方がいるかもしれませんが、1箱30カプセル入ってて3000円程度で買うことが出来ます。

以前は確かに高額だった様ですが、最近は随分と安くなった様です。

服用は基本的には20mgのカプセル1錠を、朝一回服用します。

即効性が高いと言われておりますが、症状が重くてなかなか改善しない場合には、60mgまでは増やして服用しても良い事になっています。

副作用に悩んでいる方は検討してみるのも良いかもしれませんね。

抗うつ剤として有名なプロザック

不安や焦り、やる気が出ない、食欲の低下、体重の減少等様々な症状があるうつ病で悩む人は、現代社会では少なくありません。

そのきっかけや原因はその人によって違いますが、生活に支障をきたしてしまう事も多々あるので、出来るだけ早期に対策・改善をするのが重要です。

プロザックとは、そんなうつ病の状態を軽減する薬として注目されている物です。

ただ残念ながら1988年に世界では発売されている物ですが、国内ではまだ認可されていません。

その為その薬を使ってみたいと思ったとしても、病院では現時点では処方してもらえないのです。

しかし、絶対に手に入れる事が出来ないというわけでは有りません。

個人輸入を利用すれば、海外で販売されている薬を国内に居ながらにして購入できます。

この薬に関しても、その方法であれば手に入れられるのです。

数ある抗うつ剤の中でもなぜプロザックは有名なのでしょうか。

その一つが、セロトニン系の神経にのみ働くという事です。

その為、それを服用したとしても口が渇いてしまう感じがするとか、便秘になってしまうという副作用がかなり減ります。

とはいえ、絶対に副作用が出ないというわけではありません。

プロザックの副作用

まず不安やイライラ、不眠等が初期に出てくるという報告もあります。

ただこの副作用に関して言えば、飲み続ける事によって次第に軽減していく物なのでそれほど心配する必要は有りません。

もう一つ食欲が減退してしまう事があります。

それもあってこの薬はダイエットの為に使われる事も海外ではあるのです。

従って、まずプロザックを服用する時はこのような副作用が出る場合があるという事を知っておきましょう。

またその出方、程度に関して言えばその人の体質や体調にも左右されるので、まずは様子を見ながら飲むのが重要です。

個人輸入で買うことになるので、あくまでもその服用は自己責任となってしまいます。

異変を感じたら服用をやめ、病院で診てもらうようにしましょう。

ちなみに、この薬は即効性がある薬です。

勿論飲んだ瞬間に効果が期待できるわけではありませんが、他の物に比べるとその効果が実感できるまでの時間が短めとなっています。

副作用が少なく即効性があるという魅力・メリットがあるプロザックですが、あくまでもその購入は現時点では個人輸入しかありません。

良く知られている薬なので偽物も有り、注意が必要です。

従って個人輸入する時は正規品だけを取り扱っている輸入代行業者を利用するようにしましょう。

プロザックは、軽度のうつ症状にも使用できます。

プロザックは、1998年にアメリカで発売された、主にうつ症状や摂食障害などに効果があるとされるカプセル剤です。

軽度から中度のうつ病には特に有効だとして、発売当初から新世代の抗うつ剤などと言われ、人気を博しました。

アメリカでは最も広く利用され、世界中で2000万人以上に利用されている抗うつ剤ですが、ほとんど治験が行なわれておらず、そのため日本では承認されていません。

プロザックは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬のひとつで、うつ病の人はセロトニンという神経伝達物質の濃度が低下し、セロトニン受容体に作用しにくくなっているという仮説に基づき、セロトニンを放出するセロトニントランスポーターに作用することで、セロトニンの吸収を阻害し、セロトニンの濃度を維持することで、気分を楽にして症状を和らげます。

セロトニンに選択的に働くのがプロザックの特徴で、その結果、従来の抗うつ剤の副作用として多くの報告例があった便秘や口の渇きなども大きく軽減されました。

そのため、気分が重い、優れないなどの軽度のうつ病患者にも用いられるようになったのです。

また、効果の現れが緩やかなように作られており、依存症にもなりにくいとされています。

更に、効き目が現れるのも従来品に比べて早く、飲み始めてから1~2週間で効果を実感できる人が多いようです。

日本では未発売ですので、個人輸入サイトで購入する必要があります。

しかし、プロザックにも副作用がないわけではありません。

不安感、無気力、眠気、発汗、焦燥感、下痢、口の渇きなどがありますが、そのまま服用を続けていると、時間の経過と共に軽減されます。

大変繊細な脳内物質に作用する薬ですので、食欲不振や性欲の減退などの症状も起こる可能性があります。

副作用の症状が余りにも重いとか異常だと感じた場合は、医師に相談してください。

用法・用量は、1日1回、1カプセルです。

配合されている成分のひとつのフルオキセチンには覚醒作用があるので、朝の服用が効果的とされています。

食前、食後、どちらでも構いません。

過食症の治療の場合は1日2~3カプセルですが、4カプセル以上は服用しないでください。

服用した薬の分だけ、副作用も現れてしまう可能性があります。

用法・用量はきちんと守りましょう。

プロザックは前述の通り、日本では未承認の医薬品です。

医療機関では処方されませんので、購入するにはインターネット上の個人輸入代行サービスのサイトを利用します。

個人輸入代行のサイトは多数存在しますが、値段だけで判断せず、信用のおけるショップであるかどうかを見極めた上で購入するようにしましょう。