抗うつ剤の治療にはプロザック

抗うつ剤の治療として最も有名な薬といえばプロザックが挙げられます。

プロザックが発売されるまでは抗うつ剤の治療には副作用が強いものが多く、よほどの重病患者以外には医薬品による治療を行うのは難しいとされていました。

ところが、プロザックは副作用がこれまでの医薬品に比べて軽度であることから、軽度のうつ病患者にも服用させることができました。

また、服用した際にも依存性が少ないとされています。

これは、プロザックの効用が、他の医薬品に比べて緩やかになっていることが要因とされています。

現れる副作用には眠気・下痢・腹痛といったものが挙げられていますが、個人の体質や時間の経過によって症状に重みが異なります。

現代では、本格的に発売されてから25年~30年ほどの年月が経過しているのもかかわらず、今でも世界中にて服用されています。

服用の際は空腹時でも食事後でも問題は無いとされています。

ただ、抗うつ剤の医薬品になるので飲んだ際は、少なからずの精神的影響を受けることになります。

なので、自分の状態をきちんと把握した上で服用するのが良いとされています。

気分が落ち込みがちだという時には本当に飲んでも良いの医師に相談するのも大切です。